2016年11月27日   中村勘太郎・長三郎 浅草寺お練り

11月27日 午前11時 江戸歌舞伎三百九十年「猿若祭二月大歌舞伎」

三代目 中村勘太郎 二代目 中村長三郎 初舞台 浅草寺お練り祈願が

雷門を出発いたしました。





雷門を背に 出発前に衣装をととのえる 三代目 中村勘太郎を襲名する七緒八くん

二代目 中村長三郎を襲名する 哲之くんです。

さすがに 江戸歌舞伎の名跡を受け継ぐ二人、その行儀の良さには感服です。




その二人の視線の先には





今年 二月に亡くなった 二人の襲名を心待ちにしていた

文扇堂の荒井修さんの遺影をかざす利江さんの姿が見えます。






二人のことを ちょっと心配そうに見守る

お父様の中村勘九郎丈と叔父様の中村七之助丈です。


けれども 父と叔父の心配をよそに 二人は終始ご機嫌で

沿道の声援に盛んに手を振って応えていました。

そしてお練りは 無事に宝蔵門をくぐり、浅草寺本堂に到着いたしました。
| - | 15:21 | - | - | - |