2019年12月15日   ひざの痛み、腰の痛み、毎日元気に歩くために


寒くなってきましたね。

最近お店でこんな声がよく聞かれます。

「階段の登り降りがつらい」「正座ができない」

そこで 今ネオでは「毎日元気に歩けるからだづくり」

というパンフレットを差し上げています。

腰痛をかばっているうちにヒザまで痛くなってきた。

昔ころんでヒザを打ったので冷えてくると、とても痛むんです。

この夏クーラーで身体を冷やしすぎたのか、今ごろになって

しびれや痛みなど不具合が起きてきた。

パンフレットご紹介します。









ではひざの痛みが何故起こるのか、かんたんにお話します。

テレビを見ると健康番組やテレビショッピングなどで

「ヒザの痛みは老化により、ヒザの軟骨がすり減り当たるためです」

と言っていますが

関節軟骨には、神経がないのですり減っても痛みは起こりません。




その原因は、すり減った軟骨がとび散り

ヒザがはれたり熱を保ったりして関節に炎症をおこします。

この炎症は、急性のものなので比較的早く治りますが

筋肉、腱や靭帯は繊維化をおこし硬くなります。

ケガが治った後の傷あとが、硬くなってひきつれを起こしますね。

これが慢性化するヒザの痛みの主原因なのです。


そこでコラーゲンを充分とって、ひきつり繊維化した筋肉、腱や靭帯に

栄養を与えてしなやかさを取り戻さなければなりません。

そのためにパンフレットに書かれてるウナギ、手羽先や牛すじなどを

たくさん食べるといいのでしょうか?

残念ながら食品のコラーゲンは吸収が悪くアミノ酸まで分解されて吸収されます。

つまりコラーゲンのままでは分子量が大きすぎて吸収できないのです。

大根を買ってきてそのまま食べる方はいませんよね。

輪切りにしたり、かつらむきにしたり包丁を入れて細かくします。

大根を食べやすいように包丁を入れるのと同じように

コラーゲンをペプチド化すると大変吸収が良くなります。


90包1カ月〜45日分 21600円

そこでネオが選んだコラーゲンがこれです。

ペプチド結合のコラーゲン、筋肉や腱、靭帯、骨に栄養を与える1型コラーゲンと

軟骨に栄養を与える2型コラーゲン、コンドロイチンが吸収されやすい形で

入っています。



コラーゲンハイグレードをのんで炎症や痛みが治ったら

ヒザを支える筋肉などをきたえる軽い運動をするとベストです!

元気に歩ければ・・・

友達とお食事や買い物に出かけたい!

かわいい孫と思いっきり遊びたい!

旅行にも行きたいしゴルフにも!

充実した楽しい人生を送るために健康貯金始めましょう!
| - | 16:24 | - | - | - |