2018年01月02日   え!ヨーグルトを食べても腸の善玉菌は増えないの?

あけましておめでとうございます。

今年初めてのネオ日記の投稿です。

今年も健康情報や浅草のお話を書かせていただきます。みなさまのお役に立てれば幸いです。

さて 本年最初のお話は・・・
「ヨーグルトを食べても腸に善玉菌は増えません」で 始まります。

「生きた乳酸菌が腸まで届きます」コマーシャルではそう言っていますね。

けれど 実際は、ほとんどが胃酸で死滅してしまいます。

もし仮に乳酸菌が生きて腸まで届いても残念ながら腸内の善玉菌は増えません。

ヨーグルトや一般的な乳酸菌、ビフィズス菌は「通過菌」と呼ばれ

元から住んでいる腸内細菌は、今まで自分の腸に住んでいない

乳酸菌やビフィズス菌を腸内には受け入れず、追い出してしまいます。

この事を発見したのは、なんと日本で初めてヨーグルトを製造した

医師 正垣角太郎とご子息で細菌学者の正垣一義であったようです。

二人は乳酸菌の研究を続けるうちに、腸内の善玉菌を増やすためには

赤ちゃんの時から腸に住みついている「自分の乳酸菌」を増やすしかない事を発見しました。

それでは「自分の乳酸菌」とはどのようにして作られたのでしょう?

その答えは 自分が生まれて初めてのむ お母さんの初乳です!

これによって作られる腸内の乳酸菌やその他の菌のバランスが一生続くようです。

母親からもらった乳酸菌や他の腸内細菌がバランスよく腸内に育った様子を

腸内フローラと呼びます。

では、理想的な腸内フローラを作るために私たちはヨーグルトではなく何を取ればいいのでしょう?

その答えは古くからある日本食にあります。




そうです。お味噌汁そして・・・




お漬物などの 発酵食品です。納豆などもこの仲間に入ります。

発酵食品には酵母が多く含まれています。「酵母」読んで字のごとく乳酸菌など腸の善玉菌を作り育てていきます。

でも、お味噌汁やお漬物は食べ過ぎると塩分がちょっと心配ですね。

そうでなくても、忙しい毎日きちんとお出しをとったお味噌汁や糠につけたお漬物を三食取ることは難しいですね。

そこで ネオのおすすめは・・・





酵母食品ビフロです。生きた酵母菌を食物繊維とオリゴ糖で 優しく包んであります。





120包 約2ヶ月分 12960円 60包 約1ヶ月分 7344円

ビフロの働きは腸内環境を整えることです。

そして あなたの腸に住み続けている乳酸菌やビフィズス菌が自然に増えていきます。

ネオのお客様で 長い間さまざまな便秘薬を使用して その量が増えて困っている方がおられました。

そのお客様に 当初便秘薬とビフロを併用してもらいました。 徐々に便秘薬の服用量が減っていきました。

今ではビフロは1日3回のんで 便秘薬は便通をつける薬として 時々の服用ですんでいます。

また 歳をとってくると 腸の蠕動運動が弱くなってなかなか規則的に便通がない方がいらっしゃいます。

ビフロは腸内環境を整え腸の働きを活発にします。

先日も 便秘が何日か続いて 便通があるとそのあと 下痢になってしまう方がいらっしゃいました。

この方は 1日2回のビフロで下痢はなくなり 便通もだんだん規則正しくくるようになりました。

ビフロには 3日分のお試し品もございます。




6包 3日分 1296円です。

できれば 3ヶ月続けていただくと腸内環境が整い

本来 腸の働きの1つ 免疫力も高まります。

ぜひ一度お試しください。

実はネオすけも 生ビールや冷たいお酒が大好きで よく下痢で悩んでいました。

今では1日2回のビフロの他に、のむ前にビフロをのんで悩み解消です!

おっと!飲み過ぎには注意しないといけませんね。

という事で 今年もよろしくお願いいたします。
| - | 15:30 | - | - | - |