2019年01月13日   モヤモヤさまーず2でも紹介された「幻の牡蠣」の秘密

初詣に浅草寺に行って来たけど、ほかに

何処かこの時期の浅草で見どころない?

そう言われてお勧めするのが、浅草寺のおとなりにある浅草神社です。

ふだん開けられない御輿庫(みこしぐら)が開かれ

浅草神社の三基の宮御輿が拝観できます!





立派なお供え餅上がっている宮御輿なかなか見られません。

めったに見られないといえば、ネオがテレビに出ます!

テレビ東京の「モヤモヤさまーず2」

13日(日)18時30分より放映されます。

番組の詳しいことは、ネオママ日記をご覧ください。

そこでネオ日記には番組で取り上げられた「幻の牡蠣」の秘密を少しお話します。

人類がカキを食べるようになったのは、紀元前からと言われてます。

昔から栄養豊富なカキは「完全な栄養食品」と認識されていました。





英雄色を好む!いや英雄カキを好む!!

古代ローマ帝国の武将 ジュリアス・シーザーは

滋味あふれるテームズ川河口のカキを独占しようと

大軍を率いてイギリスと戦争をしたと言われています。

ナポレオンも戦場では三度の食事にカキ料理を食していたそうです。

実は数年前の冬 ネオすけは気力、体力共に落ち込みあんなに好きだったお酒も飲めず

寒い!寒い!とストーブの前でちぢこまっていた時期が数ヶ月続きました。





ネオすけの辛かったときに 救いの神となったのが この「幻の牡蠣」です。

家ではスプーンひとさじ、店では分包を1包、じわじわと体力 気力が高まり

数週間後には元気復活!食欲もそしてお酒も復活!(これは余計だったかも)





「幻の牡蠣」を一言でいうと、

カキの一番搾り、カキのエキストラ バージンオイルでしょうか。

カキを湯煎してエキスを抽出 その上澄みの栄養価の高い

エキスを練り状にして 一番吸収し易い形にしたものです。

もう少し詳しく知りたい方は ぜひネオにお越しください。

遠くの方は、まずご連絡ください。

フリーコール 0800ー111ー8828まで!
| ネオ イベント | 15:32 | - | - | - |